飛騨日日新聞

白川村のありのままの日常を

発信するメディア

2021.03.26

森下貴昭さん/麺切り 白流


岐阜県瑞穂市にある「麺切り 白流」は、自家製焼干しを使ったこだわりの出汁ともちもちとした食感の自家製麺が人気のラーメン店です。店主の森下貴昭さんは白川村平瀬地区の出身。都内で料理人、岐阜にUターン後はラーメン店での修行を経て、3年前に満を持して「白流」の暖簾を掲げました。

店主の森下さんがラーメンの世界に飛び込むきっかけとなったのは、20歳の頃に出会ったあるラーメンがきっかけでした。当時、ラーメンといえば高山ラーメンしか知らなかった森下さん。都内で出会ったラーメンの味に感動し、それが忘れられず、いつしか自分のラーメン店を持つことを志すようになりました。

都内のフレンチレストランで料理人としての腕を磨き、岐阜に戻ってからは関市の名店「白神」で7年間修行を積んだのち、3年前に念願の独立。魚の仕入れの状況によって日々変化するこだわりの出汁ともちもちとした自家製麺が生み出す味わいは唯一無二で、ラーメン通を唸らせます。

店内を見渡すと、白川郷のポスターや、合掌造りを思わせる天井の骨組みが目に入ってきます。

「岐阜市内で物件を探していましたが、納得いくところが見つからず、たまたま紹介していただいた物件がこの建物でした。中に入ると、内装に合掌造りの要素を感じ、呼ばれたような気がして即決したんです」。

今も月に1〜2回は村に帰るという森下さん。特に冬の時期はご実家の雪下ろしのために足繁く通います。村に帰ると同級生と顔を合わせることも。

「白川村の同級生って、兄弟でもなく、友達でもない、特別な関係なんですよね。何十年ぶりに話しても、昨日まで一緒にいたような感覚になります」。

村を離れてもなお、森下さんの心はいつも故郷とつながっているのです。

白流監修「焼干し中華そば」カップ麺、全国のファミリーマートで販売中!

白流さんが監修したカップ麺が、全国のファミリーマート限定で販売中です。

遠方でなかなかお店に足を運べないという方も、ぜひご家庭で白流さんの味をお楽しみください!

麺切り 白流

住所:岐阜県瑞穂市森860-1

営業時間:10:00~14:30(※スープがなくなり次第終了)

定休日:月曜日・第3火曜日

HP:https://www.mengiri-hakuryu.com/





トップへもどる

関連記事